« ライアン・ジョンソン、『ナイブズ・アウト』続編のタイトルを発表 | メイン | ニコール・キッドマンとザック・エフロン、ロマンティックコメディ新作で共演へ »

2022年6月20日 (月)

ジャスティン・リン、『ワンパンマン』映画化で監督へ

ジャスティン・リンジャスティン・リン(50)が、世界的にヒットした漫画シリーズ『ワンパンマン』の映画化でメガホンを取る。リンは、アヴィ・アラッドとアリ・アラッドらとプロデューサーとしても参加、スコット・ローゼンバーグとジェフ・ピンクナーと共に新バージョンの脚本を作成し、フランチャイズ化に期待を寄せるソニー・ピクチャーズと年内の製作開始を目指しているという。『ワンパンマン』は、パンチ一撃でどんな相手でも倒すことができるスーパーヒーローのサイタマが、悪との戦いで競争相手がいないことに退屈し、ふさわしい敵を探すという内容だ。一方、これまで「ワイルド・スピード」シリーズ数本でメガホンを握ってきたリンだが、来年5月に公開予定のシリーズ第10弾となる最新作『ファストX』の監督からは降板し、現在はプロデューサーとしてだけ参加、後任としてルイ・レテリエが監督に就任している。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ