アダム・ウィンガード(Adam Wingard)

2022年6月14日 (火)

アダム・ウィンガード監督、『フェイス/オフ』続編でニコラス・ケイジ続投を熱望

アダム・ウィンガードアダム・ウィンガード監督(39)が『フェイス/オフ』の続編でニコラス・ケイジの続投を熱望しているという。ニコラスとジョン・トラボルタが共演したジョン・ウー監督による1997年のヒット作続編でメガホンをとるウィンガードは、前作で死亡したはずのニコラスが演じたキャラクターを中心とした「完全なる続編」にする意向だという。ウィンガードは2,3年前であれば、スタジオ側は話題性のある若手俳優の起用を望んでいたであろうが、最近またニコラスが注目を集めている今、続投の方向で進めるのがベストであることは明らかだと語っている。さらに、長年のコラボレーターであるサイモン・バレットと共に脚本を共同執筆しているウィンガードは、同作の脚本がこれまでで「最も困難」であるものの、前作のレガシーに見合う内容にするべく、皆が納得のいくものが出来るまで書き直しを続けていると説明した。

2017年6月 3日 (土)

アダム・ウィンガード、新作『Godzilla vs. Kong』監督へ

アダム・ウィンガードアダム・ウィンガードが新作『Godzilla vs. Kong』の監督を務めることが決定した。『サプライズ』や『ザ・ゲスト』などのスリラー映画を手掛けてきたウィンガード監督が、レジェンダリー・エンターテイメントとワーナー・ブラザースが贈る、2つの伝説的人気を誇るキャラクターが共演する新作映画のメガホンを取ることが決まったようだ。作品の詳細については明らかになっていないものの、2014年作『GODZILLA ゴジラ』と2017年作『キングコング: 髑髏島の巨神』を掛け合わせた作品になり、ゴジラとキングコングが最も強いモンスターを決める戦いを繰り広げるストーリーになると言われている。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの脚本を手掛けるテリー・ロッシオが他6人の脚本家たちと共に同作品のストーリーを作り上げていくことになる。『ゴジラVSコング』の全米公開予定日は2020年5月22日となっている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ