アナ・デ・アルマス(Ana de Armas)

2021年12月12日 (日)

アナ・デ・アルマス、スカーレット・ヨハンソンに代わりクリス・エヴァンスと共演へ

アナ・デ・アルマスアナ・デ・アルマスが、降板したスカーレット・ヨハンソンに代わり『Ghosted』に出演することとなった。スカーレットは、「デッドプール」と「ゾンビランド」の両シリーズを手掛けたポール・ワーニックとレット・リースが原案と脚本を担う同ロマンティック・アドべンチャー作でクリス・エヴァンスと共演する予定となっていたが、スケジュールの都合で降板を余儀なくされたという。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でのCIAエージェント、パロマ役が記憶に新しいアナが後任に決まったそうで、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』で共演したクリスと再タッグを組むことになるようだ。『ロケットマン』のデクスター・フレッチャー監督による『ゴーステッド』は来年はじめのクランクインを予定している。

2021年8月 2日 (月)

マリリン・モンローの伝記映画『ブロンド』、配信が来年に延期へ

アナ・デ・アルマスマリリン・モンローの伝記映画『ブロンド』の配信が2022年に延期となった。2010年から製作が進められてきたアナ・デ・アルマスがマリリン役を演じる同作品は、来年の配信が見込まれているとバラエティは報じているが、その日程は発表されていない。『ジャッキー・コーガン』のアンドリュー・ドミニクが、ジョイス・キャロル・オーツの小説『ブロンド-マリリン・モンローの生涯』を原作とした同新作の監督を担う。.エイドリアン・ブロディとボビー・カナヴェイルがマリリンの元夫達、アーサー・ミラーとジョー・ディマジオをそれぞれ演じるほか、ジュリアン・ニコルソンがマリリンの母グラディス・パール・ベイカー役に配役されている。

2020年12月16日 (水)

アナ・デ・アルマス、新作でライアン・ゴズリングと再共演へ

アナ・デ・アルマスアナ・デ・アルマス(32)が、新作『The Gray Man'』への出演契約を果たした。『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』が記憶に新しいアナは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の監督ジョー・ルッソとアンソニー・ルッソによるネットフリックスの同新作アクションスリラーで『ブレードランナー 2049』で共演したライアン・ゴズリングと再タッグを組む。クリス・エヴァンスもキャスト陣に名を連ねる 同作では、ライアン演じる元CIAエージェントで今はフリーランスの殺し屋グレイ・マンことコート・ジェントリーを、クリス演じるCIAの元同僚ロイド・ハンセンが世界を駆け回り追跡する姿が描かれる。一方ルッソ兄弟は先日、同作をシリーズ化することを明らかにしていた。

2017年7月14日 (金)

アナ・デ・アルマス、『Three Seconds』出演へ

アナ・デ・アルマスアナ・デ・アルマスが新作『Three Seconds』に出演することが決定した。アンドレア・ディ・ステファノ監督の同新作には以前、ジョエル・キナマン、ロザムンド・パイク、コモン、クライヴ・オーウェンらも出演することが発表されていた。同作品は刑務所から出所し、家族に会うためにFBIの下で覆面捜査官として働くことになった元特殊作戦部隊のピート・ホフマンを中心にストーリーが展開する。ピートは、ニューヨークでポーランド系マフィアが行っている薬物取引に潜入するが、任務を遂行するために刑務所へと舞い戻ることになり、そこで正体を気づかれそうになりながらも奮闘する。アナはこの作品でピートの妻であり、食品店の経営者のソフィアを演じるという。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ