クリストファー・ミラー(Christopher Miller)

2021年5月14日 (金)

フィル・ロードとクリストファー・ミラーのコンビ、新作でコロナ初期のアメリカを描く

フィル・ロード、クリストファー・ミラーフィル・ロードとクリストファー・ミラーが、『The Premonition: A Pandemic Story』を実写化する。『スパイダーバース』などで知られる2人が、新型コロナウイルス感染拡大初期のアメリカと、そのウイルスを警告しようとした人々を描いたマイケル・ルイスの新刊を映画化するという。先週発売された『The Premonition』は、生化学者と医療従事者、ホワイトハウスに勤務する政府機関の職員という3人の視点から、新型コロナが襲う当時の様子を伝えたノンフィクション作となっている。映画化においては、自分の命を顧みず人の命を救うために取り組む人たちを描くという点から、ロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマン主演でウォーターゲート事件を描いた『大統領の陰謀』に似た作品になるとされている。

2017年6月23日 (金)

『スター・ウォーズ』ハン・ソロのスピンオフ監督降板

フィル・ロード,クリストファー・ミラーフィル・ロードとクリストファー・ミラーが「スター・ウォーズ」シリーズのハン・ソロのスピンオフに関し、「創造性の違い」により降板することとなった。デュオ監督として活躍するロードとミラーは反乱同盟軍リーダー、ハンの過去に焦点をあてたアルデン・エーレンライク主演のこの企画に2015年7月に参加し、今年の2月から撮影も開始していたが、今回スタジオの上層部が描く構想と相違があるとして身を引くかたちとなった。ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、2人を才能のある人と称えつつも、袖を分かつのが最善だったとしている。両監督は何ヶ月もの間ケネディと揉めていたと言われており、1980年から「スター・ウォーズ」シリーズに携わるエグゼクティブ・プロデューサー、ローレンス・カスダンとも衝突していたという。後任の監督には現在ロン・ハワードが有力視されている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ