マギー・ギレンホール(Maggie Gyllenhaal)

2022年3月 9日 (水)

インディペンデント・スピリット賞、『ロスト・ドーター』『ドライブ・マイ・カー』らが受賞

マギー・ギレンホール今年のインディペンデント・スピリット賞が開催され、『ロスト・ドーター』が作品賞に輝いた。インディペンデント映画を対象とした同賞の授賞式が6日(日)に米サンタモニカで開催され、伊作家エレナ・フェッランテの小説を原作としたマギー・ギレンホールの監督デビュー作『ロスト・ドーター』が作品賞、監督賞、脚本賞、村上春樹の同名短編小説を原作とした濱口竜介監督による『ドライブ・マイ・カー』が外国映画賞を受賞した。一方で、このほか、米ブラックコメディ・クライム作『ゾラ』が編集賞、デトロイトのウェイトレス役を演じたテイラー・ペイジが主演女優賞、コメディ作『レッド・ロケット』でさえないポルノ俳優役を演じたサイモン・レックスが主演男優賞に輝いた。式典では、アンドリュー・ガーフィールドがプレゼンターとして登場、特別賞のロバート・アルトマン賞を友人フラン・クランツの監督デビュー作『マス』に授与する場面もあった。

2022年3月 4日 (金)

マギー・ギレンホール、南カリフォルニア大学図書館脚本家賞を受賞!

マギー・ギレンホールマギー・ギレンホール(44)が、2月26日(土)南カリフォルニア大学(USC)図書館脚本家賞を受賞した。伊作家エレナ・フェッランテの小説を原作としたネットフリックス映画『ロスト・ドーター』の脚色で同栄誉を手に入れたかたちだ。作家達による投票で選ばれたこの賞が「非常に意味あるもの」と喜びを表したマギーは、今回の受賞により、今月末開催されるアカデミー賞における脚色賞受賞への期待も高まっている。一方で、2017年に『ムーンライト』で脚本家賞を受賞し、2019年の『ビール・ストリートの恋人たち』でも同賞にノミネートされている『地下鉄道~自由への旅路~』のバリー・ジェンキンスが、功労賞を授与された。

2021年12月 6日 (月)

『ロスト・ドーター』、ゴッサム・インディペンデント映画賞で4冠!

マギー・ギレンホール『ロスト・ドーター』が第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞で最多受賞作品となった。マギー・ギレンホールによる同作品は、29日(月)にニューヨークで開催された同式典で最高賞である作品賞など4賞に輝く快挙を果たした。同ネットフリックス映画でマギーが脚本賞とビンガム・レイ・ブレイクスルー監督賞を手にした一方で、主演のオリヴィア・コールマンは、『The Killing of Kenneth Chamberlain』のフランキー・フェイソンと共に主演俳優賞を受賞した。このほかネットフリックス作品としてはドラマ『イカゲーム』がブレイクスルーシリーズ賞(長編)を受賞した一方、アップルの『Codaコーダ あいのうた』のトロイ・コッツァーとエミリア・ジョーンズが助演俳優賞とブレークスルー演技賞をそれぞれ獲得した。日本からは、村上春樹の同名短編小説を原作とした濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が国際映画賞に輝いている。

2021年8月17日 (火)

マギー・ギレンホール監督デビュー作品、ヴェネチア国際映画祭で上映へ

マギー・ギレンホールマギーギレンホール(43)の監督デビュー作品が今年のヴェネチア国際映画祭でプレミア上映される。イタリア人作家エレナ・フェッランテによる同名小説を原作とした『The Lost Daughter』は、11月に開催される同映画祭で上映された後ネットフリックスで配信予定となっている。オリヴィア・コールマンとダコタ・ジョンソンが主演する同新作は、海辺で休暇を過ごしていたエレガントな大学教授レダ(オリヴィア)が、浜辺にいたニーナ(ダコタ)とその幼い娘の関係に心を奪われているうちに、恐怖と混乱の強い感情を抱いていた母親になったばかりの頃の自分の記憶に捕らわれはじめ、当時若い母親であった自らが下した型破りな決断と、それが家族にもたらせた影響に思いを巡らせることを余儀なくされる姿を描いている。

2013年1月 4日 (金)

マギー・ギレンホール、新作コメディー『Frank』でマイケル・ファスベンダーと共演へ

マギー・ギレンホールマギー・ギレンホールが、新作コメディー『Frank』でマイケル・ファスベンダーと共演することが決まった。マギーの扮する役柄は明らかにされていないものの、レニー・エイブラハムソンが監督を務める同作のヒロインとしてキャスト入りを果たしている。さらに、スクート・マクネイリーとマーク・ハバーマン、ブルース・マッキントッシュらも共演するようで、今年初頭にもダブリンとニュー・メキシコでクランクイン予定だ。同作はドーナル・グリーソン演じる野心的なミュージシャンが、マイケル扮するエキセントリックな主人公フランクがボーカルを務めるバンドに加入して珍道中を繰り広げるというストーリーだが、英パンクロックバンド、ザ・フレッシーズの故クリス・シービーの不運に満ちた音楽キャリアから強く影響を受けた物語になるようだ。

2012年5月 4日 (金)

マギー・ギレンホールが女児を出産

マギー・ギレンホールマギー・ギレンホールが女児を出産した。マギーは4月19日、夫のピーター・サースガードとの2人目の子となるグロリア・レイと名付けた女児を出産したと報じられている。妊娠第2期までは公に口外していなかったマギーは、ニュースを隠し通すのは難しかったと先日話していた。映画祭に出席してもトイレに駆け込んだり、バッグにプレッツェルをしのばせたりしながらも、ドレスに合う体型をキープしなくてはいけなかったため、3ヵ月半頃まで大変だったそうだ。一方で夫のピーターは、子どもが誕生する前に名前を考えることができるため、誕生前に性別が分かることは素晴らしいと明かしていた。

2009年5月 8日 (金)

マギー・ギレンホールが、ついにピーター・サースガードと結婚!

マギー・ギレンホールが、5月2日にイタリアで、ピーター・サースガードと結婚したことが明らかになった。広報が正式に発表したもので、とても幸せだと心境を語っている。2人は交際して約7年になるが、2006年10月に誕生したラモナという女の子とともにNYのブルックリンで同棲中。すでに婚約も済ませており、結婚式を待つばかりだった。式には、弟のジェイク・ギレンホールや恋人のリース・ウィザースプーンら家族や親しい友人らが参加し、和やかな雰囲気だったそうだ。

2008年8月11日 (月)

『ダークナイト』18日で4億ドル突破。歴代記録を塗り替えるか!?

快進撃を続けている『ダークナイト』は衰えるところを知らず、公開から18日目となった4日の月曜日に、4億ドルを突破したことが明らかになった。配給元のワーナー・ブラザーズが発表したもので、今までの最短記録を樹立。ちなみに過去の記録保持者は2004年に公開された『シュレック2』の43日間だった。また歴代記録では既に8位に入っているが、最終的には5億ドルには達するとの見方が強くなっており、1997年に公開された『スター・ウォーズ 特別篇』の4億6100万ドルを抜いて、歴代2位の座に君臨することになりそうだ。

2008年7月17日 (木)

マギー・ギレンホールが、ケイティ・ホームズに許しを請う!?

マギー・ギレンホールが、ケイティ・ホームズの許可を得てから『ダークナイト』に出演することを決めていたことが明らかになった。マギーは同作でバットマンの恋人を演じているが、前作『バットマン ビギンズ』では同役をケイティ・ホームズが演じており、ケイティが降板したために同役が回ってきた。しかしケイティの代役として演じることを躊躇していたマギーは、ケイティのお墨付きをもらい、代役ではなくて新たなキャラクターとして出演することを前提に、同役を承諾することになったそうだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ