« 小松菜奈 坂口健太郎 藤井道人監督がサプライズ登場!原作者・小坂流加の故郷・静岡県三島市で映画の完成を報告し、感無量!『余命10年』特別試写会イベント@静岡県三島市 | メイン | 『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』赤楚衛二(主演)&町田啓太 恋人同士となった2人の未来が気になる…!“しあわせ大渋滞”な<予告編映像解禁>!!主題歌・挿入歌も初公開! »

2022年2月28日 (月)

『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』公開日決定 予告編解禁!

0228_001


ドキュメンタリー映画『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』の公開日が「4月9日(土)」に決定し、予告編が解禁となった。


本作はスウェーデンの女性画家ヒルマ・アフ・クリント(1862~1944)のドキュメンタリー映画。抽象的絵画の先駆者でありながら、長らくその存在を知られていなかった彼女は、近年認知され、その評価を急速に高めている。2019年、ニューヨークのグッゲンハイム美術館で開催された回顧展は同館史上最高の動員を記録し、巨匠ラッセ・ハルストレムが最新作『Hilma』で彼女の生涯を描くなど、今や欧米で大きな注目を集める存在だ。自身の死後20年は作品を公表しないよう言い残し世を去り、その驚異的な先進性や創造性にも関わらず、死後20年を経た後も長らく美術史から拒絶されていたヒルマ。本作は、謎に包まれたその生涯、そして彼女を拒んだ美術史の裏側にも迫る作品となっている。


神秘性と現代性を併せ持つヒルマのカラフルな作品群と、彼女と美術史の関係にフォーカスした予告編も解禁となった。


世界がようやく発見した才能!カンディンスキーやモンドリアンより早く、独自の手法で抽象的絵画を描いていた画家がいたー。彼女は何を見つめ、なぜ美術史から拒絶されたのか
画家の名はヒルマ・アフ・クリント。1862年、スウェーデンに生まれた彼女は王立美術院で学び、伝統的な絵画で成功を収めたが、妹の死などを経て神秘主義に傾倒し、独創的な絵画を手掛けるようになる。その独創性は同じ思想を持つ4人の女性芸術家と結成した「5人」の活動やルドルフ・シュタイナーとの出会いで、輝きを増していく。しかし、同時代の画家たちが新たな芸術作品を発表する中、彼女は自身の革新的な作品を世に出さず、自分の死後20年間は公表を禁じてこの世を去った…


月日は流れ、現代。突如、世界に発見された彼女は、各地で評判を呼び、2019年NYのグッゲンハイム美術館の回顧展では、同館史上最高の来場数(約60万人)を記録し大きな話題となった。世界中の人々の心を鷲掴みにする彼女の絵は、なぜ20年を経ても世に出なかったのか。そして、自分で道をつくり、その道を歩んだ彼女が、目に見えるものを超えて見つめていた世界とは。キュレーター、美術史家、科学史家、遺族などの証言と、彼女が残した絵と言葉から解き明かす。

『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』予告編
https://youtu.be/4mLBk37yZx4

____________________________________________________________

『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』

2022年4月9日よりユーロスペースほか全国にて順次公開
配給:トレノバ
公式HP:https://trenova.jp/hilma/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34245283

『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』公開日決定 予告編解禁!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事