« 『エルヴィス』令和にエルヴィスが降臨!?世界が称賛するオースティンのパフォーマンス!その裏側を映し出したリハーサル映像解禁! | メイン | 『僕愛』『君愛』の主人公・暦を演じるのは“声優初挑戦”の宮沢氷魚!『僕愛』ヒロイン・和音には橋本愛、『君愛』ヒロイン・栞には蒔田彩珠!キャスト解禁 »

2022年6月28日 (火)

原作者・山本崇一朗の”からかいサプライズ”に高橋が涙...高橋「みんなで頑張ってきてよかった」梶が語る、共演者も知らない制作裏話とは...?

日時:6 月 25 日(土)
場所:TOHO シネマズ日比谷 スクリーン 12
登壇者:高橋李依、梶裕貴、大原ゆい子(主題歌アーティスト)

0628_003


劇場版「からかい上手の高木さん」の大ヒットを記念した舞台挨拶に、高橋李依(高木さん役)と梶裕貴(⻄片役)、大原ゆい子(主題歌アーティスト)が登壇した。

まず高橋の「映画、いかがでしたか?」という問いかけに、割れんばかりの大きな拍手が巻き起こった。場内にはこの日初めて映画をご鑑賞くださったお客さまもいれば、すでに 5 回以上鑑賞している”猛者”たちも!今回は、ようやく思いの丈を語れるネタバレ解禁のトークセッション。印象深かったお気に入りのシーンを聞かれると、


高橋「高木さんと⻄片がハナちゃんを子育て...あ、子ネコ育て(笑)をしている中で、⻄片特製のもぐらたたきが出てくるところですね。(子ネコの)ハナちゃん&高木さん vs ⻄片という構図が大好きで!『ね、ハナ〜?』って話しかける相手がいる尊さを感じちゃって」と今までの 2 人だけのやりとりとは違う感情があったと言います。それを受けて梶は「至る所にそういう”母のような高木さん“だったり、”父のような⻄片“という見せ方がありましたね。⻄片がハナに顔を近づけるシーンも、どこか家族のふれあいのように見えて。それらが、エンディング後の『からかい上手の(元)高木さん』のシーンに繋がっていくと思うと、命を育てる大変さや尊さが子ネコを通して描かれていたのかなと感じられました。」と劇場版ならではの見どころを語った。

そして自身を”高木オタク”と評する大原は「最後に 2 人で夏祭りに行ったところです!TV シリーズでずっとみてきた 2 人がこんな成⻑したんだ...って胸いっぱいになっちゃって。」と TV シリーズから 2 人を見守ってきた視点から、気持ちが昂った様子が窺えた。


2 人が神社で偶然見つけた子ネコ・ハナとのお別れを描いたシーンに挑んだアフレコ現場を、


高橋は「自分の声を入れたというより、⻄片の手をグッと止めるとか、画が動いている間に気持ちを作れました。」と振り返り、梶は「あの時のセリフはプロポーズに近いような内容の言葉ではあるんですが、実際は”ハナとの別れ”という切ない気持ちがあるわけで。優しく声をかけることで高木さんを安心させてあげるような音にしてもらえれば、と演出をいただきましたね。」と当時を思い返した。

そして誰もが聞きたかった、エンドロールが終わったあとに流れる”あの”演出。大人になった 2 人が描かれる衝撃はもちろんのこと、娘・ちーを演じた宮本侑芽がオーディションで選ばれたことが明かされ、会場がどよめいた。


”大人⻄片”の声や姿は本邦初公開!梶は宮本の演じるちーについて「高木さん要素も絶妙に残しつつ、⻄片のアホっぽい感じを上手に取り入れてくれていたのが素晴らしかったです。とても可愛らしかった。家族3人の姿も、今後もっと見てみたいなと思いますよね。」と『高木さん』のこれからに期待を寄せた。

高橋は「守りたいものがいて、隣に好きな人がいるという、居場所がある安心感はすごく感じました。地に足ついた母の強さを感じるくらい、2 人ありきでしたね。」と、大人になった高木さんを演じるにあたり、声色を意図的に変えるのではなく⻄片とちーがいることで自然と演じられたと語る。

そんな 2 人のやりとりを聞いた大原は「今の話を聞いて、改めてもう一回観にいって、声の作り方みたいなものを感じたいです...早く(映画館に)行きたい!」とコメントし、会場の笑いを誘った。


ここで、赤城監督から制作裏話をまとめたお手紙が到着!小豆島のモデル地の現在や、劇場版に登場するキャラクターにもモデルがいたこと、録音へのこだわりなどが明かされた。すると梶からも”追い裏話”が!


梶「オープニングにある、風が吹いて高木さんが振り向くという描写は、すでにハナちゃんの声が風に乗って聞こえていたから、と監督が言っていました。実はお別れのシーンでも風が吹いているんですが、それはハナからの挨拶なんじゃないかなと」と話したところで高橋と大原は驚きと感動で鳥肌が!劇中に登場するインコの「カツオ」という名前にちなんで「カツオ肌」と喩え、会場を盛り上げた。

大ヒットを記念して、壇上には金色のくす玉が登場。登壇者が紐を引くと...「皆さまに見守られて大ヒット!!」の文字が。会場からも大きな拍手が湧き上がった。続いて、なんと本作の原作者・山本崇一朗先生からのサプライズが!


本日のために描き下ろしたイラストを発表!⻘空の下に 2 人並んで座る高木さんと⻄片の姿が。微笑む 2 人の笑顔が印象的だと一同大盛り上がり。そして、今日登壇した三人へ向けた感謝の想いを綴った手紙を紹介。

『高木さんの世界観を優しく表現してくれてありがとうございます』との言葉に、大原は「ありがとうございます...!」と喜びを噛み締め、『⻄片役をライフワークに、と言っていただけてすごく嬉しかったです』と聞いた梶は「本当に嬉しいです!“生涯⻄片宣言”をしているくらいなので、僕はいつでも彼を演じる準備ができています!」と意気込みを語った。


『もしもアニメになることがあるならば、この人に演じてもらいたいなと思いました。高木さんを高橋さんに演じてもらえて、本当に良かったと思います』というメッセージには高橋が思わず涙。


「嬉しすぎる...」と言葉に詰まる高橋に、「1 期、2 期、3 期、そして劇場版と見事に演じきって、その想いが先生にも届いていてよかったね?」と梶が優しく声をかけると、高橋「原作の世界観をどういうふうに表現していこうかと、みんなで頑張ってきてよかったですね!」とコメント。山本先生からの”粋なからかい”となった。


イベント最後には


大原「オープニングを歌わせてもらっているミュージシャンとしてこの場に立って、皆さんと一緒にお話をさせてもらったり、お客さまの前でお話したり、『からかい上手の高木さん』に本当に貴重な経験をさせていただいてここにいられていると思っています。これからも『からかい上手の高木さん』を胸に頑張っていきたいなと思っています。」


梶「この作品への、多くの方の愛情や熱意が感じられる素敵な時間でした。みなさんがアニメも原作も応援してきてくださったからこそ、こういう形に辿り着けたんだなと思っています。本作と...そして⻄片と出会えたことを改めて幸せに感じております。いつかまた『からかい上手の高木さん』シリーズでお会いしましょう!」


高橋「これからもずっと高木さんの声を演じていけたらなと思っているので、またみなさんとお会いできる日を楽しみに、これからも『高木さん』に触れた皆さんの心が温かいものになりますように願っております!またどこかでお会いしましょう!」


と改めて感謝をと共に想いを語り、『高木さん』らしい温かい雰囲気のなかイベントは幕を閉じた。


____________________________________________________________

『劇場版 からかい上手の高木さん』

2022年6月10日 より
配給:東宝映像事業部
公式HP:https://takagi3.me/
(C)2022 山本崇一朗・小学館/劇場版からかい上手の高木さん製作委員会

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事