« 原作者・山本崇一朗の”からかいサプライズ”に高橋が涙...高橋「みんなで頑張ってきてよかった」梶が語る、共演者も知らない制作裏話とは...? | メイン | アクション映画の語り部・ギンティ小林が熱く語る!2分でわかるキリングアクション「マーベラス」特番解禁 »

2022年6月28日 (火)

『僕愛』『君愛』の主人公・暦を演じるのは“声優初挑戦”の宮沢氷魚!『僕愛』ヒロイン・和音には橋本愛、『君愛』ヒロイン・栞には蒔田彩珠!キャスト解禁

0628_001


原作は、2016年6月に刊行された乙野四方字の小説「僕が愛したすべての君へ」、「君を愛したひとりの僕へ」(ハヤカワ文庫刊)。“並行世界”を行き来することができる世界の同じ名前のふたりの少年が、それぞれの世界でひとりの少女と恋に落ちるラブストーリー。ふたつの世界が絡み合い交差して、お互いがお互いの世界を支え合っている、そんな斬新な設定がTikTokで紹介され話題となり、原作は累計発行部数30万部を突破!『僕が愛したすべての君へ』は、松本 淳監督、タツノコプロ内の新スタジオレーベルBAKKEN RECORDが制作。『君を愛したひとりの僕へ』は、カサヰケンイチ監督、制作をトムス・エンタテインメントが担当!そして、『僕愛』『君愛』の世界での主人公である暦を一人二役で演じるのは、本作が“声優初挑戦”となる宮沢氷魚。初主演映画『his』で数々の映画賞を受賞、映画『騙し絵の牙』や現在放送中のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』をはじめ多くの話題作への出演や、『MENʼS NON-NO』の専属モデルとしても活躍。また、今年3月に開催された第45回日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞した。その宮沢が今回アニメ声優初挑戦するのは、2つの世界にいる同じ名前の暦という少年の役。


宮沢は「原作も脚本も気づけば何度も読み返すほど面白かった」と本作の魅力を話し、初挑戦のアフレコを終えてみて「まず、最初に驚いたのは、映像に合わせてセリフを言うことの難しさです。普段、アニメを観ているときにはその難しさや大変さに全く気づかなかったので、声優さんの凄さを改めて知った気がします。」と語った。『僕が愛したすべての君へ』で暦と恋仲になるヒロイン・和音を演じるのは橋本愛。映画『桐島、部活やめるってよ』や『リトルフォレスト』シリーズ、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、NHK大河ドラマ『⻄郷どん』、『⻘天を衝け』などに出演する実力派女優。アニメ作品への出演経験もある橋本だったが、「初めてではないのですが、アニメーション映画の声のお仕事をずっとやりたかったので、「夢が叶った!」という気持ちになりました。本当にありがたい、と思うと同時に、緊張もかなりしましたし、色んな世界の和音の心を理解して、体に入れる作業は新鮮でした。」と語った。

一方『君を愛したひとりの僕へ』で暦と恋仲になるヒロイン・栞を演じるのは蒔田彩珠。『万引き家族』、『朝が来る』などで頭角を表し、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』や、ドラマ『妻、小学生になる。』などで存在感を放つ若手演技派女優。2度目の声優挑戦となった蒔田だが、「また違う作品をやってみたいと思っていたのでとてもうれしかったです。その時は小学生役だったので、大人の役もやってみたいという気持ちもあって、アフレコが始まるのを楽しみにしていました。暦役の宮沢さんと掛け合いができたので、感情の入れ方などは自然に調節することができました」と語った。

アニメ声優初挑戦にも関わらず、『僕愛』『君愛』2作品で主人公を演じた宮沢と、ヒロインを演じた橋本と蒔田の2人の演技にも注目しつつ、今後展開される本作の情報で公開となる3人の声に期待だ!

____________________________________________________________

『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』

2022年10月7日より全国にて
配給:東映
(C)2022 「僕愛」「君愛」製作委員会

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事