« 『ザ・ロストシティ』撮影開始2日目にして、ジャングルで全裸の撮影!?チャニング「ありえない一日だったよ」サンドラとの【※詳しくは映画館で】な㊙特別映像解禁! | メイン

2022年6月30日 (木)

直木賞作家 島本理生の傑作恋愛小説を映画化!松井玲奈 × 中島歩『よだかの片想い』ポスタービジュアル、本予告&主題歌解禁

0630_001


2018年に『ファーストラヴ』で第159回直木三十五賞を受賞し、これまでにも『ナラタージュ』『Red』などの著作が映画化されてきた作家、島本理生の傑作恋愛小説『よだかの片想い』(集英社文庫刊)の映画化が決定し2022年9月16日(金)に新宿武蔵野館ほか全国公開されることが決定した。

映画の物語の主人公は、理系女子大生の前田アイコ(松井玲奈)。彼女の顔の左側にはアザがある。幼い頃、そのアザをからかわれたことがあり、恋や遊びには消極的になっていた。しかし、「顔にアザや怪我を負った人」のルポルタージュ本の取材を受けて話題となってから、状況は一変。本の映画化の話が進み、友人の編集者・まりえの紹介で、監督の飛坂逢太と出会う。初めは映画化を断っていたアイコだったが、話をするうちに彼の人柄に惹かれていく。飛坂への片想いを自覚し、不器用に距離を縮めていくアイコ。しかし、飛坂の元恋人の存在、そして飛坂は映画化の実現のために自分に近づいたという疑心暗鬼が、アイコの「恋」と「人生」を大きく変えていくことになる・・・。


タイトルにある「よだか」とは、宮沢賢治の童話「よだかの星」にも登場する“夜(よ)鷹(たか)”のこと。

主演を務めるのは、松井玲奈。初主演映画『笑う招き猫』やNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』への出演を経て、その唯一無二の輝きにさらに磨きがかかっている。本作は、そんな松井本人が原作に惚れ込み、長年熱望していた映像化がついに実現した意欲作。飛坂を演じた中島歩は、『いとみち』、『偶然と想像』、『愛なのに』にといった話題作に出演を重ねてきた。一見、身勝手に見えてしまいそうなキャラクターを、自然体で愛嬌があり、何故か好感を持ってしまう好青年として演じる中島の演技力は、若手俳優陣の中でも際立った存在感を放っている。他にも、出版社に勤務するアイコの友人役に織田梨沙、研究室の仲間役に藤井美菜、青木柚など、急速に注目度を高めている若手俳優が集まった。


監督を務めるのは、安川有果。これまで、長編映画『Dressing Up』などの作品を手掛けてきた。
長編劇映画としては本作が2作品目となる。

近年も、短編オムニバス映画『21世紀の女の子』や、4人の若手監督による連作長編『蒲田前奏曲』にも参加するなど、活動の幅を広げている。脚本は、100本を超える劇場公開映画、映像作品を監督してきた城定秀夫。監督と共に脚本を手掛けることも多く、脚本家としても高い評価を受けている。二人のタッグが、原作本来の魅力を、映画作品としてさらに引き立てる。


この度、本作のポスタービジュアルと本予告&主題歌が解禁となった。
今回解禁となったティザービジュアルでは、「あなたに、私の左側にいてほしい」という、これまで誰にも想ったことのないアイコの飛坂への想いを象徴したコピーと共に、真っすぐこちらを見つめるアイコの姿と陰りのある表情でたたずむ飛坂の姿が写し出されている。すべてをさらけ出そうとして相手と向き合うアイコとどこか本心の見えない飛坂の対照的な二人の眼差しが特徴だ。


一方、予告映像では、アイコの飛坂への切ない距離感を感じるラブストーリーとして見せるのみならず、彼女が自分の人生を生きていくことそのものと向き合い、悩み、考え、前に進んでいく様が繊細に描かれている。
主題歌を担当したのは、音楽家の角銅真実。角銅は、「ラストシーンのアイコの眼差しがとても印象的でした。はっきりと輪郭を持ち光を湛えるその瞳の内側と視線の先に向けて、手を振るように言葉と音とを連ねました。」とコメントを寄せ、その静謐なピアノ音と、濁りのない透き通った歌声が聴く者を甘美な陶酔感とともに優しく包摂する音楽を紡ぎだす。安川監督も「多彩な感情が喚起される素晴らしい曲で、主人公の未来にまで思いを馳せたくなるような、広がりと余韻を感じました。」と角銅の書下ろし楽曲を絶賛している。


本作は、アイコの姿は、誰もが抱える弱さと響き合い、その弱さを新しい視点で見直し、アイコと共に一歩前へ踏み出す力を与えてくれるはずだ。ルッキズムへの批判や多様性の尊重が広まり、見た目や個性への関心がかつてない程高まっている今という時代に、世代や性別を超えて幅広く、静かに、でも確かに、心に響く傑作が誕生した。

『よだかの片想い』予告編
https://youtu.be/J36YcwEasSg

____________________________________________________________

『よだかの片想い』

2022年9月16日より新宿武蔵野館ほか全国にて
配給:ラビットハウス
公式HP:https://notheroinemovies.com/
(C)島本理生/集英社 (C)2021映画「よだかの片想い」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34250318

直木賞作家 島本理生の傑作恋愛小説を映画化!松井玲奈 × 中島歩『よだかの片想い』ポスタービジュアル、本予告&主題歌解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事